Future Associates

ご相談・お問い合わせは

tel:0669662580

メールはこちらから

メールマガジン

2021-08-05

自筆証書遺言書保管制度[vol.137]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
【Future通信】自筆証書遺言書保管制度[vol.137]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
~_…_~_…_~_…_~_…_~_…_~_…_~ 2021.08.05
--------------------------------->
-CONTENTS-

◇【相続】自筆証書遺言書保管制度

◇ 編集後記

--------------------------------->

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【相続】自筆証書遺言書保管制度
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

近年、相続をめぐるトラブルは増加傾向にあると言われており、そのトラブル
を防ぐためにも遺言書は有効な手段です。
令和2年7月10日より自筆証書遺言書保管制度が開始されています。
制度開始以来、令和3年3月末までで、全国で月2000件前後利用されています。

遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言というものがあります。

【自筆証書遺言】
 遺言者本人が遺言書の全文、日付及び氏名を自書できれば一人で作成するこ
 とができます。保管は自らで行います。
【公正証書遺言】
 公証人と証人2人の立会の下で作成し、公証役場で保管してもらう制度です。
【秘密証書遺言】
 遺言の内容を誰にも公開せずに公証人と証人2人の立会の下、遺言の存在の
 みを証明してもらう制度で、保管は自らで行います。

自筆証書遺言は手軽で自由度の高いものですが、遺言者の死亡後、相続人に発
見されなかったり、改ざんされる等のおそれが指摘されています。

それを解消するために令和2年7月10日より自筆証書遺言保管制度が創設され
ました。
遺言書のなかで財産目録はパソコンでの作成が可能となりました。(添付書類
を含む全ページ署名・捺印が必要。)

保管申請手続きには遺言者本人による法務局への申請が必要です。
保管の申請ができるのは遺言者の住所地、遺言者の本籍地、遺言者が所有する
不動産の所在地のいずれかを管轄する法務局(遺言書保管所)です。

持参すべきものは、自筆証書遺言書、遺言書の保管申請書、住民票(本籍地記
載のあるもの)、本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証・運転経歴
証明書・旅券等の有効期限内のものいずれか1点)、手数料3,900円(収入印
紙)です。

継続的な保管料はかかりません。

保管を申請する遺言書は一定の形式(サイズや余白等)に基づいて作成しなけ
ればならず、形式面のチェックはしてもらえますが、内容が遺言書として有効
なものかどうかの確認はされませんので注意が必要です。

遺言者死亡後に関係相続人等が遺言書の閲覧等を行うことで、すべての関係相
続人に対して通知がいくことになりますが、遺言者が保管制度の利用を誰にも
知らせずに亡くなり、関係相続人等が遺言書の閲覧等を行わなければ遺言書の
存在が埋もれてしまう可能性があります。
保管申請時に死亡時の通知の対象者(推定相続人・遺言書に記載した受遺者・
遺言執行者等)を1名設定することができるので、設定した場合は遺言保管所
が遺言者の死亡の事実を確認した時に、遺言書が保管されている旨を対象者に
通知することができます。

大切な家族の相続トラブルを防ぐため、ご自身の遺志を正しく伝えるため、一
度遺言書の必要性について検討されてはいかがでしょうか。

弊社では相続に関連するご相談も承っております。
専門家の力が必要と感じた場合はお気軽にご相談ください。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
夏休み、お盆、オリンピック、記録的暑さ!
トピックが多すぎて会話のネタに事欠きません。
連日、オリンピックの盛り上がりとコロナの心配のニュースを交互にやって
いるような印象で、独特なムードの夏です。
台風予測も出てきており、様々な注意を払いながらの夏季休暇シーズンとな
りそうです。
(森山)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

・本メールはお名刺を交換させていただいた方にもお送りしております。
・ご不明な点はご遠慮なくこのメールへの返信にてお問い合わせ下さい。
・配信停止を希望される場合は、その旨ご返信頂ければ幸甚です。
・このメールの内容は、お知り合いの方へ転送いただいて結構です。
ご自由にご利用下さい。
---------------------------------
「頑張る会社の味方です!」
株式会社マネージメントリファイン
税理士法人大手前綜合事務所
株式会社みらい人事労務サポート
(発行担当:杉森、森山)

◇お問い合せ
TEL 06-4792-5610 FAX 06-4792-5602
FUTURE@mr21.biz
〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目7番31号OMMビル15階

<当グループのホームページ>
Future Associates http://fa21.biz/
株式会社マネージメントリファイン http://mr21.biz/
税理士法人大手前綜合事務所 http://otemae21.biz/
株式会社みらい人事労務サポート http://mirairoumu21.biz/

FUTUREは弊社メンバーが共有する理念です。
Full Check Mind お客様へのサービスの品質を常に検証します
Updating Mind 過去の経験にとらわれることなく常に新しい発想を模索します
Thanks Mind 常にありがとうの気持ちをもって周りに感謝します
Under Support Mind お客様の発展を常に支え続けたいと願っています
Response Mind お客様の問いかけに常にスピーディに応えたいと考えています
Effort Mind お客様の問題解決に最大限努力します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■