Future Associates

ご相談・お問い合わせは

tel:0669662580

メールはこちらから

  • HOME
  • Future通信
  • 人材育成に使える!「人材開発支援助成金」 [vol.87]

メールマガジン

2017-06-02

人材育成に使える!「人材開発支援助成金」 [vol.87]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
【Future通信】
人材育成に使える!「人材開発支援助成金」 [vol.87]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
~_…_~_…_~_…_~_…_~_…_~_…_~ 2017.06.02

--------------------------------->
-CONTENTS-

◇【労務】人材育成に使える!「人材開発支援助成金」
◇【補助金】軽減税率対策補助金のご検討はおすみですか?
◇ 編集後記

--------------------------------->

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【労務】人材育成に使える!「人材開発支援助成金」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

平成29年度より、新たな助成制度が始まりました。
従来「キャリア形成促進助成金」と呼ばれる助成金が、「人材開発支援助成金」
に名称変更となり、人材育成に活用できる助成金が装い新たになっています。

「人材開発支援助成金」は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、
職業訓練の段階的・体系的な実施や人材育成制度を導入し、労働者に適用させ
た事業主等に対して助成される制度です。
以下、概要と今回の主な改正点をお伝えします。

①概要
「人材開発支援助成金」は、訓練関連と制度導入関連の2つのグループに分
かれます。
(1)訓練関連
訓練関連には2つのコース(特定訓練コース・一般訓練コース)があり、
各コースに関しては、従業員の職業能力開発についての計画(事業内職
業能力開発計画、年間職業能力開発計画)に基づいて訓練を行った事業
主に対して、訓練経費と訓練期間中に支払った賃金の一部が助成されます。

「特定訓練コース」
・労働生産性の向上に直結する訓練、一定の要件を満たす雇用型訓練、
若年労働者への訓練、熟練者技能者による技能承継訓練等について助
成されます。

「一般訓練コース」
・特定訓練コース以外の訓練が対象となります。
(2)制導入関連
制度導入関連にも2つコース(キャリア形成支援制度導入コース・職業
能力検定制度導入コース)があり、各制度に関しては、事前に認定を受
けた計画に基づき、制度を導入・実施した場合に、事業主または事業主
団体等に対して助成されます。
なお1制度あたりの支給額は、47.5万円(生産性要件を満たす場合は、
60万円)です。

「キャリア形成支援制度導入コース」
・セルフ・キャリアドック制度や、教育訓練休暇制度を導入し、実施し
た場合に助成されます。

「職業能力検定制度導入コース」
・技能検定合格報奨金制度、社内検定制度、業界検定制度を導入し、実
施した場合に助成されます。
②主な変更点
(1)生産性要件の追加
低迷する我が国の労働生産性の向上を図るべく、新たな要件が追加され
ました。
「生産性要件」は次の方法で計算した値が、その3年前に比べて6%以
上伸びていると、訓練に係る賃金助成額や経費助成率、が引き上げされ
ます。

労働生産性=(営業利益+人件費+減価償却費+賃貸料+租税公課)
÷ 雇用保険の被保険者数

(例)特定訓練コース(中小企業で生産性要件を満たす場合)
OFF-JT賃金助成 760円 → 960円にUP
OJT実施助成  665円 → 840円にUP
経費助成    45%→60%にUP

(2)特定訓練コースでの要件の緩和
特定訓練コースでは、助成対象訓練時間の要件が20時間以上から10時間
以上に緩和しました。
また、1事業所1年度あたりの支給限度額が500万円から1,000万円に変わ
りました。
「人材開発支援助成金」は、人材育成を行っている企業にとっては、コスト軽
減につながり、より訓練をしやすくなります。さらに、制度を整えることに
よって、従業員が働きやすい環境を整えることにも繋がります。
ぜひうまく助成金を活用してください。
助成金のことについて、もっと詳しくお知りになりたい方は、弊社までご連絡
願います。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【補助金】軽減税率対策補助金のご検討はおすみですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

軽減税率対策補助金とは、消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要と
なる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注
システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

①複数税率対応レジの導入等支援
既存の複数消費税率対応の機能がないレジの改修や、複数税率対応の機能が
あるレジの導入に係る費用を補助対象としています。

補助額は事業者あたり200万円、レジ1台あたり20万円が上限であり、
補助率は基本的には2/3となっています。

また、レジ本体のほか、レジ機能に直結する附属機器等(レシートプリンタ
・キャッシュドロア・バーコードリーダー・決済端末およびリーダー・カス
タマーディスプレイ・ルーター・サーバ)も補助対象となっています。

②受発注システムの改修等支援
取引先間でEDI/EOS等の電子的な受発注システムを利用している事業者の
うち、電子的受発注に必須となる商品マスタや、発注・購買管理、受注管理
機能のうち、複数税率対応に伴い必要となる改修・入替を補助対象としてい
ます。

(小売事業者等の)発注システムの場合の補助上限額は1,000万円
(卸売事業者等の)受注システムの場合の補助上限額は150万円

両方の改修・入替が必要な場合の上限は1,000万円となります。
補助率は、改修・入替に係る費用の2/3となっています。
平成28年11月18日に消費増税延期法が成立し、消費税の軽減税率制度は、
平成31年10月1日から実施されます。これに伴い、軽減税率対策補助金の申
請受付期間が延長されましたが、平成30年1月31日までとなっていますので、
余裕をもってご検討されてはと思います。

補助金申請の様式等については、中小企業庁の軽減税率対策補助金事務局の
サイトに随時、公表されています。

参考:軽減税率対策補助金事務局のサイト
http://kzt-hojo.jp/
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
5月19日にFuture通信号外としてセミナー案内をお送りさせていただきました。
既に複数名から申し込みをいただいており、本当にありがとうございます。
席数にまだ余裕もございますのでご応募いただければ幸いです。

講師紹介を含めた「パンフレット兼申込書」は下記をご参照ください。
http://mr21.biz/wp-content/uploads/20170518.pdf
(杉森)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

・本メールはお名刺を交換させていただいた方にもお送りしております。
・ご不明な点はご遠慮なくこのメールへの返信にてお問い合わせ下さい。
・配信停止を希望される場合は、その旨ご返信頂ければ幸甚です。
・このメールの内容は、お知り合いの方へ転送いただいて結構です。
ご自由にご利用下さい。
---------------------------------
「頑張る会社の味方です!」
株式会社マネージメントリファイン
税理士法人大手前綜合事務所
株式会社みらい人事労務サポート
(発行担当:杉森、尾崎)

◇電話でのお問い合せ :  TEL 06-4792-5610 FAX 06-4792-5602
◇メールでのお問い合せ : FUTURE@mr21.biz
◇弊社の所在地        :     〒540-6591 大阪市中央区大手前1丁目7番31号
OMMビル15階
<当グループのホームページ>
Future Associates        http://fa21.biz/
株式会社マネージメントリファイン    http://mr21.biz/
税理士法人大手前綜合事務所    http://otemae21.biz/
株式会社みらい人事労務サポート   http://mirairoumu21.biz/

FUTUREは弊社メンバーが共有する理念です。
Full Check Mind        お客様へのサービスの品質を常に検証します
Updating Mind          過去の経験にとらわれることなく常に新しい発想を模索します
Thanks Mind            常にありがとうの気持ちをもって周りに感謝します
Under Support Mind  お客様の発展を常に支え続けたいと願っています
Response Mind         お客様の問いかけに常にスピーディに応えたいと考えています
Effort Mind                 お客様の問題解決に最大限努力します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■