Future Associates

ご相談・お問い合わせは

tel:0669662580

メールはこちらから

楽しさ

親睦会・参加行事

  • 関西作法会 新年賀会(2020年)

    令和2年1月5日(日)、トータルマナー株式会社の前身である関西作法会の新年賀会に参加させていただきました。
    令和2年度の初げいこは「言葉の語源・由来」でした。

    例えば、「こんにちは」と「こんにちわ」について。日常どちらも使用している気がします。
    この挨拶の語源は、「今日はご機嫌いかがですか」などの「こんにちは」の後を省いたもの。「は」が正しい、ということになります。
    となると、「こんにちわ」は誤表記、とみなされることになりますが、挨拶の言葉として一個の間投詞になっていると見れば、「こんにちわ」と書くことはあながち不当とは言えない、との事でした。言葉の語源を知っていたら、「どっちだったかなぁ」と迷うことなく、より適切な言葉を選ぶことができるものなんだな、と思いました。

    その他に仏教用語が語源となっている日常の言葉についてもお話がありました。

    その中で「愛嬌」についてふれてみますと、もともとは愛敬(あいぎょう)といい、如来さまや菩薩さまの柔和な表情である愛敬相(あいぎょうそう)から派生した言葉だそうです。

    言葉について色々なお話を聞くことができましたが、語源をたどるのも言葉の歴史を聞いてるような気がして新鮮な気持ちになりました。

    講義のあとは皆さんとおしゃべりをし、会の締めくくりには1人1人持ち時間30秒で今年の抱負を発表してお開きとなりました。
    年始早々楽しい時間を過ごすことができました。

     
  • 関西作法会 テーブルマナー講習会(2019年)

    令和元年11月22日(金)にホテルグランヴィア大阪「クリスタルルーム」にて開催されたテーブルマナー講習会に参加させていただきました。今回で2回目の参加となります。


    期待に胸を膨らませて、いざ会場へ入るとルームライトに輝くグラス、ナイフ、フォーク、夜景・・・
    心地よい緊張感が込み上げてきます。
    主催者の田野会長のあいさつをお聞きするとパワーと温もりをいただきます。 いつものように”幸せなひと時を楽しく過ごしましょう。”の声で講習会はスタートします。
    アミューズから始まり、私の目にとてもかわいいお料理が映ります。
    ”フォアグラのパルフェ”とあります。何とも言えないコントラスト。 次に高知県宿毛産のお魚が登場します。色鮮やかな海藻のソースが美しいです。 テーブルマナーでは必ず骨付きの魚が出てまいります。 今回の魚は小骨があり、口に入った小骨は恥ずかしながら人さまには見えぬようお教え通りナフキンで隠しながら取らせていただきました。

    この後牛フィレ肉のグリエ、フルーツ、デザートと進んでいきます。
    あっという間の2時間です。
    今回のマナー指導は窮屈感を感じさせないお話でリラックスしながら勉強させていただきました。 テーブルマナーの持つ意味はフォーク、ナイフなどの使い方も大事ですが、参加しているもの全員が楽しく過ごせることもとても大切だと教わりました。
    大変楽しく過ごすことができ、その上とてもハッピーな素敵な時間を提供してくださった皆様にお礼申し上げます。

     
  • 関西作法会 新年賀会(2019年)

    平成31年1月6日(日)、トータルマナー株式会社の前身である関西作法会の新年賀会に参加させていただきました。

     
    着物での参加が望ましかったのですが、今回は洋服での参加となりました。
    平成31年度の初げいこは「美しい身のこなし」。
     
    講義を聴いて学ぶだけではなく、実践も交えながら講師の先生方に動作の基本や姿勢について教えていただきました。
    四大基本動作とは、①立つ ②座る ③歩く ④お礼 です。
     
    講義の合間合間に、講師の田野会長は参加者1人づつに質問をされていきます。
     
    テーマが「立つ時の身のこなし(洋服・応用編)」の時に、私も「洋服で立つ時に気を付けるポイントは何か」と質問を受けました。
    基本と応用の違いも理解していない私は恐る恐る「手を前で組む」と答えてみたのですが、嬉しいことに見事正解!いくつかある答えの中の1つでした。利き手を上にするのがベターなようです。私は利き手ではない手を上にしてましたので、これからは改めようと思います。
    ちなみに他には「半足下げる」などの答えもありました。
     
    講義のあとは、講師の先生方と和気あいあいと懐石コース料理をいただきお開きとなりました。
     
    日頃から背筋をのばし、顎を引く「基本姿勢」を自分で意識しながら行動をしているつもりですが、気が付くと姿勢は崩れています。
    いつまでも若々しくいる為にも、姿勢をを正すことは本当に大切なことだと痛感した1日でした。

     
  • 関西作法会 テーブルマナー講習会(2018年)

    平成30年11月16日(金)にウエスティンホテル大阪「蘭の間」にて開催された、テーブルマナーの講習会に参加させていただきました。 
    私は年齢的には立派な大人です。
    友人の披露宴や会社の食事会などで、色々なジャンルのコースをいただく機会はありましたが、テーブルマナーの講習を受けるのは人生においてはじめてです。
    緊張と不安、期待と空腹が入り交じりながら、大阪駅からリムジンバスでホテルに向かいました。
     
    主催者の田野会長や先生方、マナー教室の生徒の皆さんと会話を楽しみながら、講習会はスタート。
    和やかなムードでオードブルが運ばれてきました。
    早速、ホテルのマナーの先生から、皆さんパンを食べすぎないようとの助言が…。皆様も思い当たる経験があるのではないでしょうか。
    女性ばかりの食事会、白いお皿に色鮮やかに飾られた料理を見たら写真を撮り、幸せいっぱいの笑顔で近隣の方と声を掛け合ったりして楽しく時間は過ぎていきます。
     
    マナーの主品は「虹鱒のムニエル グルノーブルソース」フレンチ料理でお魚丸ごとは初めてかも・・・今回の課題でした。
    頭は切り落とさず、背びれから尾にかけて優しくナイフで切目を入れていき身をはがします。
    骨と裏の身をはがし骨を取り、お皿の上部片隅に置きます。初めにはがした実を元通りの位置に戻します。
    音を鳴らさない様にするのは大変難しく、何とか頑張りました。

    しかし!本来のコースでは丸ごと出てくることはないそうです。
     
    デザートでは今回メニューにはなかったのですが、ミルフィーユの食べ方を教えてくださいました。
    ミルフィーユは層になっているので、上部の層をナイフとフォークで持ち上げ手前において半分に切って食べると良いとのこと。倒して食べるのはあまりよくないそうです。

    田野会長からは、マナー講座とはいえ会話も楽しみ、幸せな気持ちで食べてくださいとのお言葉をかけていただき、
    食事も会話も堪能させていただきました。貴重な経験をさせてくださったすべての方に感謝します。

  • 関西作法会 新年賀会(2018年)

    平成30年1月7日(日)、今年もトータルマナー株式会社の前身である関西作法会の新年賀会に参加させていただきました。
    今回で三度目の参加ですが、先生方も喜んでくださるので、今年もはりきって着物で参加しました。
    今年の田野会長の新年初講義は「神社の知識とお参り」でした。
    実は三日に行った初詣でひいたおみくじが「凶のち吉」だったので、少し気落ちしていたのですが、「凶であっても注意し、用心し、勇気を出して誠実に行えば、ご加護がある」と聞いて、気持ちを新たにしたのでした。
    礼と拝の違いも教えていただき、礼は45度ほどで、拝は90度の最敬礼にあたるそうです。
    今年は講義の実践ということで、新年賀会の後の生田神社へのお参りにもご一緒させていただきました。
    学んだばかりの二拝二拍手一拝の最敬礼で神様に日ごろの感謝の気持ちをお伝えしました。

  • 関西作法会 テーブルマナー講習会(2017年)

    「大人のマナー」、ご存知ですか?

    結婚式やお得意先様とのお食事会等の公式な場に出ることも、プライベートで友人達とちょっとお高めなフレンチに行く機会もそれなりに過ごしてきた私。
    今さら、これって、正解ですか?とも正々堂々とは聞けなくなってくるお年頃。

    そんな私に、チャンスが到来しました。
    平成29年11月21日(火)、ありとあらゆるマナーのエキスパートであり、様々な企業様でマナー研修をされておられる私共のお客様、トータルマナー株式会社の前身である関西作法会主催のテーブルマナー講習会に参加させて頂くことができたのです。

    やっぱり思った通り、いえ思った以上に奥が深かった。
    今回のミッションは、格式ある宝塚ホテルでのフレンチディナーにチャレンジというものでした。まずは到着早々、宝塚ホテルの重厚感に圧倒されつつ、今さらながら参加させて頂いて場違いではなかったのだろうかと尻込みしながらも会場へ向かうも、主催者である田野会長や講師の先生の方々の大変なごやかで和気あいあいとした雰囲気になんとかほっと一安心。

    そして、いよいよ「大人の私」が試されるお時間が参りました。

    まずは、前菜。
    とりあえず無難にこなすも、次に登場したのは、なんと、骨付きの舌平目のムニエル&骨付き鶏のロースト。ひそかに目を白黒させながらも、講師の先生方のご指導の元、ナイフとフォーク、初めて出会ったフィンガーボールを駆使しながら、なんとか完食。
    なんとか、ミッション完了!?と安堵するのは早かったのです。

    最後のデザートが極めつけ!!!皮付きぶどうをナイフとフォークで食べるという最難関。
    全神経集中のおかげで、お皿からダイビングという粗相はなんとかしないで済みました。

    ホテルによって、テーブルセッティングやテーブルマナーに微妙な違いがあるということも大変勉強になり、おいしいお食事を頂きながら、貴重なひと時を過ごさせて頂きました。

    次にどこかで、このようなお食事に出会ったときは、落ち着いて対応できる大人の女性になれるよう日々研鑽を心に誓った一日でした。

  • 関西作法会 創立35周年記念祝賀会

    平成29年3月5日(日)、ノボテル甲子園ホテルで開催された、マナー講師の養成とマナー指導を事業としている顧問先のトータルマナー株式会社の前身である関西作法会の創立35周年記念祝賀会に参加してきました。
    お客様とは、顧問契約がきっかけで、かれこれ15年以上のお付き合いです。前回参加した記念祝賀会より来賓客数も増えて、ワンコイン動画のDVD発売記念も相まって、とても盛大な祝賀会でした。
    また田野会長をはじめ講師の先生方の素晴らしいおもてなしや立ち居振る舞いに、マナーの大切さと美しさを改めて教えられた貴重な体験でした。
    個人的には、着物に親しむいい機会を与えてもらいました。
    我々は、お客様への会計税務労務の専門的知識の提供を主な仕事としています。社会人としてきちんとマナーを守れているか、周囲の人への心遣いがきちんと出来ているか、忙しさの中でつい忘れてしまいがちですが、専門バカにならないよう、日々意識していきたいものです。
    田野会長や講師の先生方と共に、来る40周年を晴れやかな気持ちで迎えられるよう、私も精進していきたいと思います。

  • 関西作法会 新年賀会(2017年)

    平成29年1月8日(日)に、顧問先であるトータルマナー株式会社の前身である関西作法会の新年賀会に参加させていただきました。
    この新年賀会に参加すると、より一層シャンとした気分になります。
    私にとっては着物を着て出かけられる数少ないうれしい場でもあります。
    田野会長の新年初講義では和食のマナーを、去年の初講義では箸文化の講義を受けたはずなのですが、いざ食事が始まると、早速、お箸の割り方から間違えてしまい…お恥ずかしい限りです。
    ですが、皆様優しくフォローしてくださり、心づかいが身に沁みました。
    先生方のように意識せずとも素敵な立ち居振る舞いができるよう努力しようと決意した一日でした。
    久々にお会いする先生、初めてお会いする先生ともたくさんお話しでき、時間がすぎるのが本当にアッという間でした。

  • 歓迎会、送別感謝会、春のお疲れ様会、夏の納涼会、年忘れ感謝会

    繁忙期が終わり、ひと段落するとお疲れ様会、夏にはビアガーデンで納涼会、年末には忘年会、社長をはじめ、飲み会が大好きなメンバーが揃っているため、年に4~5回は会社主催の懇親会があります。
    ただ単に食事をするだけでなく、表彰があったり、また、豪華景品をかけてのゲームをしたりとイベントが盛りだくさんです。
    お酒が苦手なメンバーもウーロン茶片手に楽しんでいます。
    もちろん、有志での懇親会も頻繁にあります。声をかければ集まってくれる暖かいメンバーばかりです。